名刺作成はどうしたら良い?知っておきたい名刺作成業者の選び方

名刺は、渡す相手とのコミュニケーション作りに役立つツールの1つです。どのような名刺を渡すかで、相手に与える印象が変わります。ビジネスや交流を円滑に行うためにも、名刺の作成にはこだわりたいもの。とはいえ名刺作りになれていない状態では、どうやって作成すればよいのか分からないこともありますよね。

そこでこの記事では、名刺の作成方法や業者の選び方などについて詳しくご紹介していきます。

名刺は無くてもよい?

「名刺など過去の産物だ!」「ビジネスに名刺は必要ない!」こういった発言を目にしたことはありませんか?SNSが発達した現代、紙媒体である名刺は資源の無駄であるし、もう無くてもよい存在だとする人々が現れています。

また、個人情報を保護する点からも、名刺を配ることに反対する人たちも。彼らの主張にも頷ける点はありますが、名刺には次のようなメリットがあるので、しっかり活用することをおすすめします。まず名刺は、相手に自分の情報を伝達するのが容易です。

自分の名前はもちろん、所属する会社やグループの名称、そこでの役職など様々な情報を盛り込めます。情報伝達が小さな紙1枚で済むのは、大きなメリットだと言えるでしょう。また、SNSのアカウント名や電話番号も記載できるので、その後の連絡先を相手に確実に伝えられるのもメリットです。

こういった情報を相手に伝達しておくことは、コミュニケーションの基本ですし信頼感も与えられます。渡した名刺をきっかけに、横の繋がりができることもあるでしょう。すぐに情報を閲覧できる名刺は、ネット社会となった現代でも便利なツールであることには変わりありません。

自分の目的に合致した名刺を作成し、ビジネスや交流に役立てるのが肝心です。さて、名刺を用意にあたって大事なのはその作成方法です。名刺の作成方法には、自分で作るやり方と業者に依頼するやり方の2つがあります。

ではこの2つには、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

自作名刺のメリット・デメリット

自分で名刺を作成するメリットは、手軽に作れるという点です。パソコンとプリンター、そして名刺作成ソフトさえあれば、簡単に名刺ができます。プリンターや名刺作成ソフトは年々進化していますし、用紙の種類も以前より豊富です。

実際に作成してみると思ったよりも簡単で、しかも出来がよいことに驚くかもしれません。

自作なら1枚でもOKですし、デザイン料や印刷費用、送料などもかかりません。また、手持ちの枚数が減ってきた場合、すぐに補充できるのもメリットです。自作名刺にはこのようなメリットがありますが、その反面次のようなデメリットもあるので注意が必要です。

まずプリンターのインクは、保存性の面で心配が残ります。印刷したばかりの名刺はこすると文字が滲む可能性がありますし、日光にあたると文字が薄くなることも。また、自作名刺には高級感があまりないため、相手に安っぽく見られるかもしれません。

さら名刺を大量に作成する場合、自作ではコストの面でも問題が残ります。というのは、インク代がバカにならないからです。こういった点を踏まえると、自作名刺はプライベートで数枚使用するのに適していると考えられます。

名刺作成を業者に依頼するメリット・デメリット

名刺作成業者は、名刺作成のプロです。豊富な知識や経験を備えていますし、様々な注文にも対応してくれます。業者に依頼することには多くのメリットがありますが、何よりも大きいのはクオリティの高さです。よほど低価格のものでなければインクが滲んだりしませんし、用紙の質感も問題ありません。

長期保管ができますし、手に触れた際に安っぽく感じることもないでしょう。また、業者は名刺の大量印刷にも向いています。印刷はオンデマンド印刷とオフセット印刷の2つがあり、用途に合わせて選べるのもメリットです。

ただし今すぐ名刺が必要となる場合、業者に依頼していては間に合わない可能性があります。中には即日発送してくれる業者も存在していますが、すぐに手に入らないのはデメリットの1つだと考えられます。ネット業者だと送料がかかることがありますし、少量の作成だとコストの面で割高になることも。

業者を利用するのなら、あらかじめ余裕を持って計画的に利用するのが肝心です。

『名刺作成は小ロットからがおすすめ』

名刺作成は業者に依頼するのが一番!

名刺を自作する場合と業者に依頼する場合、それぞれのメリットとデメリットを考慮して選ぶのが基本。手作り感覚で楽しめるのが自作名刺ですし、ビジネスユースなどに向いているのがプロの業者へ作成を依頼する方法です。

とはいえ総合的に判断するとなると、名刺作成業者に依頼するのがベターだと言えるでしょう。というのは、名刺は数多く用意しておいて、いろいろな機会で配ってこそ効果を発揮するツールだからです。見栄えのよい名刺を大量に、コストを抑えて作成するには業者に依頼するのが最適です。

最近ではネットで簡単に発注できるので、名刺を作成するならまず業者に依頼することを検討してみましょう。

名刺作成業者の選び方

名刺の作成を業者に依頼するとなると、問題になるのが作成業者の選び方。価格の面だけで業者を選んでは、失敗してしまうこともあるので気をつけましょう。様々な業者が存在していますが、最初に目を向けたいのが名刺作成の実績です。

名刺は無くなる前に、業者にまた依頼するのが通例です。

実績のある業者は、同じ顧客から繰り返し依頼を受けてきた業者だと考えられます。というのは、品質のよくない業者に再度発注することは少ないものだからです。注文通りの名刺を作成し続けてきたからこそ、実績を積み重ねられたのだとも言えます。

長い付き合いになる可能性のある相手だけに、実績の有無は大事な選考ポイントです。また、コストも大事な要素の1つです。作成費用はもちろん、送料がいくら必要なのかもしっかりと確認しておきましょう。1度きりならともかく、何度も利用するとなると送料はバカになりません。

中には送料が無料になる業者もあるので、複数の業者を比較検討するのが大切です。納期も、忘れてはいけないポイントです。名刺を切らすことのないよう、納品までに時間がかかり過ぎる業者は避けるようにしましょう。印刷方法にこだわるのなら、オンデマンドとオフセットの2つの中から選べる業者に依頼することをおすすめします。

オンデマンド印刷は安価ですし、オフセット印刷は見栄えのよい名刺作りに最適です。

『名刺を自分で作成するといくらになる?』

名刺作成業者は総合的に考えて選ぶのが大事

名刺作成業者を選ぶポイントは複数あり、それぞれが見逃せない項目です。名刺は自分や所属機関の顔とも言えるものなので、作成業者は妥協しないで選ばなければなりません。

コストの面だけで選ぶと品質が疎かになることがありますし、その逆も考えられます。大事なのは、総合的に判断することです。今回の記事を参考にして、自分に最適な業者を選ぶようにしましょう。

『大学生も名刺が必要?高品質の名刺が作成できるサービスをご紹介!』